Entry

FirefoxからIronへ

愛用ブラウザのFirefoxが重く、かといってGoogleChromeがあまり好きになれなくて結局戻ったりと迷走していたのですが、最近さらに重い上にまとめブログ系で固まることが増えたため、思い切って移行することにしました。
Ironへ。

GoogleChromeから余計な機能を取り払いさらに軽量・高速化したブラウザ「Iron」 - GIGAZINE

もともと、TwitterBot動作確認でアカウント切り替えを省くために多種ブラウザを使用しており、その中にIronも仲間入りしてはいました。
ですが、Facebook(のブラウザゲーム)用としても使っていたため、なんとなく二番手ポジションでした。
今週思い立ってブラウザゲームを止めたのをきっかけに、メインブラウザになり得るか試して見ることにしたのでした。

Firefoxで使っていたアドオンと、移行してどうなったかのメモ
  • All-in-One Sidebar -> サイドバーが存在しないので諦めた。
  • GMarks -> 同上。Googleブックマークの一部ラベルをブックマークバーに表示。BooglemarksでGoogleブックマークを使うことはできた。
  • Greasemonkey -> 直接拡張機能として使えるが、管理のしやすさからNinjakit使用。
  • IE Tab + -> IE Tab有。また、Mozilla Gecko Tabもあったので導入。
  • Popup ALT Attribute -> Popup Image Alt Attribute
  • QuickNote -> Googleドキュメントで代用。
  • ScrapBook -> 同名の拡張機能を試してみる。今までのログは独立したフォルダに隔離済み。
  • Stylish -> 同じもの有。
  • Unhide Passwords -> GreasemonkeyのPassword Viewer
  • テキストリンク -> Text URL Linker
Iron、Chromeで気になる点
  • テキストコピペで書式まで貼られる -> 拡張機能Auto Copy導入。
  • サイドバーが無い -> どうしても必要ならIronを諦めてChromePlusを導入するしかなさげ。諦めた。
  • Ironも結局重くなっていく? -> ポータブル版を入れてみた。外部アプリからのURL呼び出しで別ウィンドウが開くので普通にインストールし直した。
  • Greasemonkeyも全て対応しているわけではない -> 慣れるまで我慢。我慢できなければFirefoxに戻るだけのこと。

現時点ではこれといって壁にはぶつからなさそうです。

おまけ

パスワードやアカウントを複数サービスで使い分けていると忘れがちで、ついCookie頼りになってしまいます。
今回は移行するということで、Firefoxパスワードをエクスポートしておきました。

Password Exporterで検索

これでしばらくは大丈夫、でしょう。たぶん。 

Pagination

  • Newer
  • Older
  • Page
  • 1