Entry

Rockin'chairゲームの思い出

ゲームマーケット2018春の1日目に行ってきまして。2年振りの参加かな?
気づけば7作目で、知らないうちに動画スキルも上がってて我ながら笑っちゃいます。

どっかで書いた気がするんですが、タイトル命名に関わることがたまにありまして、他にも関わったこととか書いときたいなと思って久し振りにログインしました。

ブッシュマスターは、動物図鑑を開いて蛇の名前を羅列していたら採用されました。
全員手探りだったんですが、当時印刷会社で働いてたので正方形のカードを作るのはクリアできて良かったです。
紙を切ったりプリントしたり箱詰めしたり冊子綴じたり化粧断ちしたりしてます(全部コピーでした)

クインデキムは、quindecim(クィーンデキム)をもじったもので、いろんな言語の「15」を羅列していたら採用。
裏面と外箱のデザインをやってます。中身のイラストとのギャップがお気に入り。
取説は印刷だけ外注で、綴じるのと化粧断ちは自宅でやってます。
(これ再版してもいい気がするんだけど最小ロットがなあ…)

パッチーズは何だったかなあ、覚えてないので自分の案ではないんじゃないかと。
コマを缶バッチに、ポイントチップを小さい碁石にしたり、それを入れるフェルトトレイを自作したりしてます。
外袋のプリントも自宅でやってました。取説もまだ印刷だけ外注でした。

世界!ビシバシオークションは自分の案ではないはず。
自分は死神飯店の方をやってたのであんまり参加できてないです。
タイトルロゴは作りました。取説はポプルスさんがまめ本を始めたのでフル外注です。

ロッキンチェアービジネスパックはそのまんまですね。
名刺デザインはフリー配布されてるサンプルをベースにしてます。フリーフォント集めが役に立って楽しかったです。
ビジネス感を出すために取説は紙ペラで綴じてません。わざわざWordで作りました。

ウィークリーアブダクターは発案時から「週刊地球人を吸い上げる」だったのでそこから発展したっぽいです。
外箱を初めてのところに外注したんですが、コーティング無しで滑りやすかったのと糊があちこちに残ってたのが残念でした。
輪ゴムやダイスもといカレンダー、マーカーも発案だったかな?輪ゴムは違った気がするな?
今でも欲しいと言ってくださる方がいて有り難いです。
再版はロット買い取りショップが現れたら考えます。

双間道は、そうまとう読みで他の文字にしたり「道」を入れて「そうまどう」と読む?的な案がきっかけで決定。
外箱の組み立てと貼り付けは自宅でやってます。
無地ダイスにシールを貼ってコマにするのはなかなか妥協案として良いんじゃないかなと。
これ以上凝ると値が張るんで手軽に遊べるシステムとの剥離がね。

ちなみにカードの仕分けも自宅で一人でやってます。
前職が活かされている。
動画も私が一人で編集してます。
これは職業関係ない。

いつだったかブッシュマスターを外注にしたらいくらかかるかな?と調べてみたことがあるんですが、正方形カード印刷という時点でもうハードル高くて調べることを諦めました。
イベントカードもやたら多いし、まったくもって無駄が多い!でもそれが個性!
そういや今回の双間道も手札カードの効果が同じなのに書かれたテキストと絵が違ったりしてとても無駄が多くて試遊スペースでウケてました。

今後私がどれくらい参加するかわかりませんが、そんなに深入りできな~いというぐらい本業が忙しくなればそれはそれで本望だなあと思いました。
とはいえ基本はジャジャと大破さん二人なので、私はあくまでも補助というかあんまり口を出さないように気をつけてます。
気をつけてるんですよ。

Pagination